燃費 ガソリン代

燃費の良い車に憧れる

ガソリン代を節約するために燃費の良い車を買いたい!

メニュー

ハイオクって燃費良くなるの?ガソリン価格の高騰はどこまで続く?電気自動車という選択肢日本はハイブリッドカー選びで悩まなくてよいハイブリッドカーにいつかは乗りたい!

ハイオクって燃費良くなるの?

燃費の良い車に乗るだけではなく、普通の車で燃費を良くする方法としてレギュラーガソリンではなく、ハイオクガソリンを給油する方法が都市伝説でいわれていますが、実際どうなのでしょうか?

僕が調べたところ、ハイオク指定の車であればハイオクを給油することが当たり前で、もしもハイオク指定の車に1度でもレギュラーガソリンを給油すればハイオクの性能が活かせなくなると聞きました。

つまりハイオク指定の車にレギュラーガソリンを1度でも給油すれば燃費が悪くなるということです。ただ車の性能などには特に問題ないともいわれています。

次にレギュラーガソリン指定の車にハイオクを給油した場合ですが、こちらも1度でもレギュラーガソリンを給油した時点で意味がなくなります。というか自動車を納車するまでに必ずガソリンを入れますが、その時にレギュラーガソリン車にハイオクを入れることはないので、納車されてからハイオクを給油し続けても意味はないんですね。。

今ではレギュラーガソリンとハイオクガソリンはリッター当たり10円くらいの価格差があり、50リットル給油すれば単純に500円ハイオクが高くなります。

結論からいうとハイオクを入れたからといっても燃費には関係ないということです。

ただハイオク車には必ずハイオクを入れなければ車の性能を活かせないので、ハイオクが安くなるクレジットカードなどを利用して、少しでも安くハイオクを給油するようにしてくださいね。

ガソリン価格の高騰はどこまで続く?

ガソリン価格が日に日に高くなっている感じがしますね。もちろん原油高の影響なので仕方ないのですが、1年で10円くらい上がったのかな?僕は大体毎月末に給油することが多いのですが、昨年後半は毎月、レギュラーガソリンの価格が上がっていた記憶があります。

ただ僕たち庶民は何もできずに、ガソリンスタンドが決めた値段で給油するしかないので、何とも歯がゆい感じです。

もちろん例えば1リットル当たり10円値上がりしたとしても、50リットル給油して500円の違いです。この500円が大きいか?小さいか?は人それぞれ違うので何とも言えませんが、僕にとっては非常に大きいです。500円あれば牛丼を食べてもおつりが来ますからね(;^_^

さて今年どこまでガソリン価格が上がるかは分かりませんが、ガソリン価格の元となる原油価格は今年も上昇すると言われています。

その理由が、地政学リスク、つまりどこかで戦争が起きるんじゃないか?と言う不安で原油価格が上がっているんです。

2つ目は原油の在庫減少です。石油はあと何年、採掘できるか分かりませんが、今の現状では在庫が少ないために値上がりしているみたいです。

そして3つ目は投機です。原油価格はこの5年くらいかなり値を下げており、そのため投機マネーが流れ込んで原油価格が上昇していると言われています。

もし3つ目の投機マネーが原油高の大きな理由であれば、近い将来確実にまた暴落し、ガソリン価格も下がると言われていますが、原油価格が下がると株価も下がると言われているので、株価が下がれば給料にも影響してくるため、一概にガソリン価格が下がればよいとも言えないんですね。。

今回はチョット難しい話をしましたが、今年1年はまだまだガソリン価格は上昇する可能性が高いので、そのあたりを考えて運転したり計画を建てましょう!

電気自動車という選択肢

燃費の良い車に乗って少しでもガソリン代を節約したい場合、最終的には電気自動車にたどり着くと思います。

これから数年以内に確実にガソリン車から電気自動車へ変わっていきますので、ハイブリッドなどを乗っている人も徐々に電気自動車へ乗り換えるようになると思います。

ただ現在の日本で純粋な電気自動車に乗りたいと思っても選択肢は日産リーフくらいしかありませんので、電気自動車に乗りたくても乗らない人も多いと思います。

つまり外観などでリーフが気に入らないだけではなくインフラの問題で、電気自動車を充電するためには自宅に充電器を取り付けるか、日産のディーラーに行くか、ショッピングモールなどに備え付けられている電気自動車専用の充電コーナーに行くしかないので、非常に面倒なんですよね。。

家に取り付けるにしてもマンションなら無理だし(今後数年以内にはマンションにも電気自動車の充電器が取り付けられていくと思いますが)、わざわざディーラー、ショッピングモールに行くのも面倒で仕方ありません。

一方ガソリン車であれば、そこら中にガソリンスタンドがあるので、ガソリンがなくなりそうになっても困ることはほとんどありません。

ですので間違いなく電気自動車の時代は数年以内に来ますが、早急にインフラを整備し、電気自動車のラインアップも増えれば、一気にガソリン車と世代交代しても不思議ではないですからね。

日本はハイブリッドカー選びで悩まなくてよい

ハイブリッドカーの代表と言えば天下のトヨタのプリウスです。ただ僕はプリウスの外観が苦手なので、例えハイブリッドカーに乗り換えるとしてもプリウスを選択することはないでしょう。

では具体的にハイブリッドカーに乗り換えるなら、現段階では何の車がいいか?考えてみたんです。

すると驚くことに、日本ではハイブリッドカーがかなり多く販売されているので、それほど悩まなくてもただ単に好きな車を選ぶだけでいんじゃないかということです。

例えばステップワゴンが欲しかったら、ステップワゴンのハイブリッドもあるし、当然ハイブリッドじゃないステップワゴンもあるし、ハリアーもそう。つまり日本で販売され散る車の半数近くの車種でハイブリッドが設定されているので、好きな車を選ぶだけでハイブリッドカーに乗れるんですね。

もちろんハイブリッドカーは多少値段は高いです。いや多少じゃなくて結構高いです。車種によっても異なりますが、多分30~50万円ほど値段が違ってくると思います。

このあたりをどう考えるかですね。僕の場合はこの価格差は妥当だと思いますし、燃費が良いので生涯のガソリン代が安くなったり、売るときにハイブリッドなので多少高く売れるので、全然OKだと考えています。

このハイブリッドカーとそうでない車の価格差とメリット、デメリットなどを次回考えたいと思います。

ハイブリッドカーにいつかは乗りたい!

プリウスを代表とされるハイブリッドカー、そして今後数年以内に販売される車のかなりの割合を占めると言われている電気自動車。この電気自動車が本格的に普及すると、自動車メーカーのシェア争いも激化し、再編も行われるでしょうね。

ただまだまだ電気自動車が普及するには課題が山積みなので、2、3年以内ではなく、電気自動車が本格的に普及するのは10年後くらいだと予想されています。

さて電気自動車が普及するまでは、燃費が良いプリウスなどのハイブリッドカーを選択する人は多いと思います。やはり車を買うときに燃費が良いかどうかは大きな基準ですからね。

僕がいま乗っている車はハイブリッドじゃないミニバンなんですが、新車で買ってからの平均燃費が約10キロ/Lです。基本的に街乗りなので燃費はあまり伸びませんが、これはこれで自分的には満足していますが、やはりハイブリッドカーに憧れますね。

恐らく僕の生活だとリッター15キロ/Lはいくのかな?今僕は月に1回くらいガソリンスタンドでレギュラーガソリンを給油していますが、ハイブリッドカーならもしかしたら2ヶ月に1回くらいに給油も減るかもしれません。

僕はガソリンスタンドでの給油が嫌いというか苦手なので、出来るだけ給油回数を減らしたいので、やはり燃費の良いハイブリッドカーは憧れますね。いつもガソリンのエンプティーランプがついてから給油していますが、ハイブリッドカーならそんなことをしなくてもいんだろうな。。

と色々書きましたが、このサイトでは僕のあこがれのハイブリッドカー(PHEV含む)の話題を中心に、思っていることを書きたいと思いますので、同じようにハイブリッドカーに憧れている人は参考にしてくれればと思います。

メニュー

ハイオクって燃費良くなるの?ガソリン価格の高騰はどこまで続く?電気自動車という選択肢日本はハイブリッドカー選びで悩まなくてよいハイブリッドカーにいつかは乗りたい!


Copyright ©燃費の良い車に憧れる All rights reserved.

ログイン